MENU

国産のバラと海外のバラ

世田谷区 上北沢の鍼灸院 Five Elementsです。

 

最近はバラも国産のものや輸入のものなど種類が色々あります。

輸入のものは色も変わっていたり、花がとても大きかったりするので魅力もありますよね。

ただし、長持ちさせたいなら国産のものがオススメではないかなと思います、ただし、用途にもよりますね。

国産のものと輸入のものを比べた時に一番目がいくのが葉の元気の良さです。

輸入のものは買ってきて少しすると葉がボロボロと落ちてきてしまうことがよくあります。

image1 7

以前ダリアを飾りましたと載せた画像の右側に白いバラがあるのが見えますか?

このバラは輸入ものなのですが、葉がないですよね?

買ってきて3日目には無くなってしまいましたが、この花自体は2週間ほどもっていました。

 

image1 10

それに対してこのバラは葉がしっかりと残っていて棘も痛いような状態です。

光が少ないので少し見づらいですかね?

このように、どちらかというと国産もののバラの方が日持ちもいい感じがします。

ただ、バラの他に葉物を花瓶に入れるのであれば葉がなくてもいいかもしれませんし、一輪挿しなどに入れる場合は葉がないとちょっと不思議な感じになるので国産のもののがいいかもしれません。

輸入のものは本当に沢山の色があるので、それを楽しむのもいいですよね。