どこまでがアート?

 

世田谷区 上北沢の鍼灸院 Five Elementsです。

 

先日、患者さんと世間を騒がせているアート展についてお話ししていました。

そして、そのお話の最中にアート展の中止が決まったそうで・・・どこまでがアートなんでしょうかね?って話になっていました。

その時は、きちんと色々と曰く付きのアートだということを説明が足りなかったのかななんていうお話をしていたのですが、後から調べるとこれはアートなのかアートを政治的に利用しているのかという何ともどこまでが線切りなのかわからないような感じになってしまいました。

まず、問題作を集めたというのであれば、様々な国の様々なアートを集めたのかなと思っていたのですが、とある地域のものだけを集中して集めていた感じみたいなのです。

中には「バカな日本人の墓」という題名だったアートがあり、【日本病気中】というような文言まで書いてあったり・・・

これってアートというよりはもうヘイトスピーチなのではないかなと思ってしまうようなものまで・・・

そして、中止になった途端に計算していたかのように中止に対して文句を言う人たち。。。

ちょっとこうやって全体像を見ると、本当にアート目的のものだったのかなと疑問に感じてしまう部分もあり、表現の不自由展と言う名目であるならば、どうして日本人だけが不快になるようなものを集めたのかなと言う疑問もありました。

 

私はいろんな情報を外から見ているだけなのでなんとも言えませんが、実際にご覧になった方達はお感じになったのでしょうかね?


— Archives