台湾旅行記10月 -猫空編-

 

世田谷区 上北沢の鍼灸院 Five Elementsです。

 

今回は遠出はせずに突如行こうと決めた猫空。

猫空とは地名みたいで、お茶の農園とかがある場所なんですね。

それと一緒に有名なのがシースルーのロープウェイ、それも30分くらいの長ーいロープウェイ。

その足元がガラス張りになっているんですって。

ちょっと楽しそうと思いながら乗り場に行ってみると・・・

月曜日はお休みなんだそうです。。。。。。。

なので、バスで上まで行ってねと書いてあります。

渋々バスで上まで行くと、お茶屋さんやレストランがあります。

  

どこに・・・・・・でしょうか?

駅前にも何もないなと思って歩いてきたら、完全に農家の庭みたいなところに。

どうやらロープウェイが休みの日はお店とかもことごとく閉まっているみたいで、同じように路頭に迷う観光客しかいませんでした。

仕方がないので下までまたバスで降ります。

 

この猫空ロープウェイのある駅は【動物園】という名前の駅なんです。

どうやらその名前の通りに台北市動物園というものがあるみたいでして、そこに行くことにしました。

ここにはパンダとコアラがいるらしく、それを見に行くことに。

 

 

生コアラは初めてです、コアラのマーチくらいでしか見たことないですね。

それにしても・・・・・動きません(笑)

ここをクリックすると動画が見れます】

抱っこしたいけど爪がとても痛そうですね(笑)

 

そしてパンダ館と書いてある建物へ。

みんなが部屋を覗き込んでいます、が、パンダがいません。

よーーーーーーーーーーく見ると見えないところでのそのそと寝ていました(笑)

生き物だから仕方ないかと思って外に出ると・・・なんとパンダが笹を食べていました。

パンダ館の中では見れませんでしたが、外で発見。

パンダを生で見たのは数十年前の上野動物園のトントン以来。

もう記憶にもほとんどありません。

かわいい、とてもかわいい。

もしゃもしゃもしゃもしゃ笹を食べています。

こうやってパンダの食事を見られるのは比較的珍しいみたいですよ。

ここをクリックすると動画が見れます】

可愛すぎて生きているのがつらくなります。

 

そのほかにもちょこちょこ動物を見たりしましたが、結構敷地が広く足腰が弱いおじさんはここら辺が限界でした。

この後、永康街(ヨンカンジェ)と言う古い街並みに移動しました。

 

ところで、私も疑問に思ったのと、知人も同じようにいうのですが。。。

どうして台湾にパンダがいるのでしょうか?

台湾の人たちは自分たちは中国人ではないと言います、私から見ても全然違うんですね。

でもパンダって中国の友好国にしかレンタルしないじゃないですか(レンタル料がすごく高い)。

うーん、やっぱりビジネスなんですかね?


— Archives