台湾旅行記10月 -旅行計画編-

 

世田谷区 上北沢の鍼灸院 Five Elementsです。

 

最近台湾によく行っていることもあり、患者さんや知人からどうやって旅行計画しているの?と聞かれます。

と言うのも、私が台湾に行く時は超安価で行っていることが多く、どうすればそんなに安く行けるの?と。

いつもいろいろ考えながら計画をするのですが、台湾の旅行に関していろいろと書いていきます。

 

まず、私の場合は平日に飛行機に乗れると言うのが大前提なんです。

航空券は正規料金でもない限りいつ乗るのかによってかなり金額が変わります。

年末年始などは一気に金額は跳ね上がりますし、オフシーズンだと安価になる。

私は初めて台湾に行く方や、ホテルにこだわりがない方はツアーで行くことをお勧めします。

と言うのも、ツアーの方がトラブルの際に対応してくれることが多かったり、ホテルとセットになることで割引が適用されるからです。

現地観光が一切ない航空券とホテルだけのツアーも沢山あります。

台湾はとても安全な国なので、添乗員さんがいるようなツアーはよほど不安でない限りはいらないかなと思います。

 

私がツアーで行かない理由は二つ。

1、LCCのバーゲンで買えば往復の航空券代が15000-20000円くらいで買える。

2、民泊を使うので一泊が4500-6000円程度になる。

3、ホテルに泊まる場合でも、行きたいホテルに泊まれるツアーがない。

4、民泊で泊まることにより、より現地の生活感が実感できる。

 

こんな感じです。

1番。

LCCのバーゲンというのは各航空会社で月に1度くらい開催されます。

超激安(1000円チケット)なものは競争率が激しく取るのが厳しいのですが、激安チケット枠以外でもかなり安くなります。

結果的に往復で15000-20000円くらいで買えるんです。

これが週末になると大体25000-40000円くらいが相場ではないでしょうか(週末などはバーゲンセール対象外のため)。

40000円台のチケットになると、手荷物預けをするだけで50000円程度になってくるので、そうするとレガシーキャリア(一般航空会社)とほとんど変わらなくなってしまいます。

EVA航空や中華航空でしたらレガシーキャリアでも安いので、そっちを選んだ方がいい場合もあります。

LCCを使うならセール期間に安いチケットを買うことが大前提な気がします。

 

2番。

民泊はとても安価です。

それは本当に泊まるだけだからというのもありますが、人件費がかかっていないのだと思います。

その代わりベッドメイクも食事もないので、そこら辺が気にならない方。

さらには結構トラブルもあります、エアコンから水が漏れたりトイレが流れ難かったり、ソファに汚れがあったり・・・

私の場合は知人が民泊の会社に勤めているのでダイレクトに連絡を取ることができるのであまり不自由しないのと、エアコンから水が漏れていても部屋が涼しくなればいいやと思っているのであまり気にしません。

なので、そういうトラブルもなんとかできるのであれば民泊はとてもお勧めですよ。

逆に安さもサービスも求めるのであればストレスが溜まるのでやめておいた方がいいと思います。

 

3番。

台湾にもいいホテルは沢山あります。

昨年の6月の町記憶旅館なんかはとてもサービスのいい安価なホテルです。

台湾旅行記 1日目【出発編】

しかし、ここのホテルに泊まるツアーはありません。

こういった自分の気になるホテルに泊まりたい場合などには個別に予約する必要があります。

しかし、これも初めて台湾に行く方やそこまでこだわりがない方は結果的にツアーの方が安く行けると思いますよ。

もちろん、マイルで飛行機を取る方や格安チケットが取れれば別の話です。

 

4番。

ホテルだとどうしても非日常感が出てしまいます。

そして現地の生活感を感じることもあまりないのではないかなと思います。

民泊だと本当に普通のマンションの一室だったりするので普段こうやって生活しているんだなというのがとても実感できます。

 

台湾に限らずツアーで行くか自分で手配をするかでは自由度が違うのですが、個別手配の場合はあまりにも自由なためにわからないことも沢山出てきます。

マイルで飛行機を取るなどの特別な場合を除いて、まずはツアーで行ってみてから次回はいろいろカスタマイズするのがいいかもしれませんよ。

以前にも書きましたがLCCは本当に飛ぶだけ、特別なサービスもないし飲み物も有料。

民泊も広くて過ごしやすいところも多いけどしっかり調べないと他の宿泊者と同じ家で部屋だけが別なんてこともあります。

それはそれで選ぶ楽しみなどがあるのでいいのですが、手軽で快適に旅行に行くということを考えるとツアーがいいのかなと思ってしまいます。


— Archives