香水のススメ  〜私の香水ヒストリー〜

 

世田谷区 上北沢の鍼灸院 Five Elementsです。

 

先日、知人が旅行に行った際に欲しかった香水を買ってきてくれました。

と言っても、台湾の遠隔旅行案内をした報酬なんですけどね(笑)

 

みなさんは香水って普段使いますか?

私は実はそこまで頻繁には使いません。

と言うのも、やはり仕事柄香水の香をプンプンさせるのはどうかと思いますし、匂いって好き嫌いがとても激しいものなのであまり使わないようにしています。

ただ、プライベートの時間帯や夏に汗臭さを和らげるために使ったりはします。

私は人生の中で香水を使っている時期が4回ほどありました。

ご参考までに紹介しますね。

 

20歳の頃。

Givenchy 【ウルトラマリン】

CALVIN KLEIN 【CK one】

POLO RALPH LAUREN 【Polo Sport】

この辺りでしょうか。

20歳で香水初心者と言うのもあり、柑橘系でさっぱりしている香りが好きだったようです。

まぁ、流行っていたと言うのもありますが。

ただし、このウルトラマリンはすぐに使わなくなってしまいます。

理由はちょっとクセのある香りが混じっているので苦手になってしまい、今でも近くにウルトラマリンの方がいると避けてしまいます。

この頃は香水の付け方もTPOもよくわかっていなかったので、私の方も香害になってしまっていたような気もします。

 

20代後半の頃。

BVLGARI 【POUR HOMME】

GIORGIO ARMANI 【ACQUR DI GIO POUR HOMME】

JEAN PAUL GAULTIER 【LE MALE】

こんな感じです。

どれもいまだに人気の香りです。

中でもかなり売れた香水と言われているのがアルマーニのアクア・ディ・ジオ。

この香りを嫌いな人はいないのではないかと言うほどフレッシュで清々しい香りがします。

アクア系と言われるのですが、柑橘系のようなメロンのようなとにかく爽やかな香りがします。

ブルガリのプール・オムもとてもとても人気ですね、女性でもつけている人が多いです。

ダージリンティーの香りがする香りなのですが、クセがなくスーツにぴったりと合う香りです。

オフィスでも嫌がられない香りですね。

ジャン・ポール・ゴルチェはとても男性的な木の香りです、これは癖がありますがこの香水を使ってからウッドベースの香水を使うようになりました。

 

30代中盤。

Abercrombie & Fitch 【FIERCE】

Dolce&Gabbana 【light Blue】

これも超人気香水ですね。

後ほど説明するのですが、厳密には香水と言う部類ではないんですけどまぁ香水です。

スポーツしている人がつけていると本当にぴったりとハマる香水です。

フィアースは銀座などのアバクロのお店に行くとこの香りがかなりすごいので苦手意識がある人もいるかもしれませんが、とてもいい香りです。

この頃はこれしか使っていませんでしたね。

ドルチェ&ガッバーナのlight Blueはちょっと軽い気分の時に。

りんごのフレッシュな香りがたまらない香で、男性でも女性でもつけられる香りです。

 

さて、このフィアースはつい最近まで使っていました。

しかし、使っていたものが切れてしまい、さて次はどうしようかなと悩んでいたのですが。。。

ふとしたことで知ったのがこちら。

Dior 【SAUVAGE】

クリスチャンディオール様ですね。

香の表現がしづらいのですが、ミステリアスでかなり男性的な香りがします。

香りというのはその人をイメージするものなので、若い時にはフレッシュではじけるレモンの香り(プリキュアか)でも良いのですが、40代になり、そろそろアラフィフになるのでちょっと色気のあるものがいいのではないかなーと思っていました。

こういうハイブランドの香水はお値段もはりますし、香りが複雑なのであまり若い感じの人が使うような香りではない気がします。

かくいう私も買ってきてもらっているので大きな声では言えないのですが(笑)

そして、実は香水って日本では一括りに香水と言っていますが、実はグレードというか種類が色々あるんです。

しかし、あまり日本ではその違いを知っている人がいないので一緒になってしまっています。

特にこのSAUVAGEという香水はフルラインナップされているので、せっかくなので次回少し説明してみますね。

 

香水のススメ  〜香水の種類あれこれ〜


— Archives