新型コロナウイルス4

 

世田谷区 上北沢の鍼灸院 Five Elementsです。

 

今朝、驚きのニュースを見ました。

【新型肺炎、治癒後も再感染リスク 中国専門家】

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020013101249&g=int

時事通信さんが報じているのですが、新型肺炎に感染し治癒した後も再感染の危険性があるというものです。

通常、B型肝炎なんかもワクチンを打つと抗体ができて感染しなくなるのですが、外部から注入したワクチンは長期間維持できないこともあるんです。

ただしB型肝炎の場合は基本的に抗体値がとても高くなり再感染することは基本的にないと言われています。

しかし、梅毒のように完治しても再感染するウイルスもあります。

そして、これだけ騒がれている新型コロナウイルスは再感染するという可能性が高まっています。

つまり上記の肝炎と梅毒と違い治療法がない状態の病気が延々と感染し続ける可能性があるということです。

ちょっと恐ろしいですよね。

私がこのコロナウイルスについて書き始めて一週間で感染者数が公式発表ベースで10倍を超えています。

この公式発表が本当の数だとしたら、一週間で10倍以上の感染者になる病気なんて感染率が恐ろしい病気になるのです。

 

また、このウイルスの恐ろしい噂はまだ日本では全く報じられていませんが、突然感染者が倒れるというものです。

Web上を探せばたくさん出てきますが、こんな緊急事態の武漢という都市の中でこんな悪質な悪戯を複数人が撮影するとは考えづらいのです。

ただ、肺炎というのは文字通り肺の炎症です。

癌でもそうなのですが、肺というのは疾患にかかるととても怖いのです。

肺はすべての血液が通過をします、心臓から出て全身にめぐった血液はまた心臓に戻ります。

その心臓は戻ってきた酸素のない血液に酸素を補充するためにすべての血液を肺に送ります。

1番恐ろしいのは肺がんというのは、この血液に流れて癌細胞が身体中に散布されてしまうからなんですね。

同じように肺からウイルスなり細菌が全身に回ってしまうと。。。

敗血症と言う症状になります、もちろん脳にも回ってしまうので・・・突然意識が混濁して倒れると言う現象が起こるようです(これはまだ推測です)。

 

今週末(今日)から来週末くらいまでが、現在日本での感染者の発熱などがたくさん出る時期であろうと言われています。

みなさんなるべく繁華街などには出かけずに、この週末は自宅近辺で予防をしっかりして様子を見るのが得策だと思います。

ゆっくりと休んでくださいね。


— Archives