やっと買えました

 

世田谷区 上北沢の鍼灸院 Five Elementsです。

 

本日、地元の駅のすぐ近くのドラッグストアで開店待ちをしていた列があったので、ふと見てみるとBOXの不織布マスクが入荷したと書かれていました。

店員さんに聞くと150箱入荷したそうなので、早速並んでみました。

30分ほど並び無事に一箱確保。

並んでいる人は中国の人が多く(スマホの画面などが中国語)、中には一箱買ったのにまた並び直して買おうとする人も。

その方には「1家族1箱ですよ」と伝えるも日本語が通じない。

英語でなんとか伝えました。

まぁ、薬局側も英語と中国語で書かないと1家族1箱ってわからないと思います。

しかし、箱を隠して持っていたので、知っていたんだと思いますけどね。

ちゃんとわかったみたいで一箱だけで帰っていました。

その他にも転売するんじゃない?って思う人もいたりして、これじゃぁ必要な人に回らないよなって改めて思いました。

 

誤解のないように言っておきますが、中国の人が買うのが悪いとは思っていません。

しかし、今世界中で彼らの爆買いによってマスクが無くなってしまっているのも事実です。

もちろん本土に送りたい気持ちもわかります。

しかしそれはそこに住んでいる人たちの分まで買い占めていい訳ではないと思っています。

全国で100万枚とか寄付をしている地域の自治体もあるみたいですが、このコロナだけではなくインフルエンザも流行っているのですよ。

アメリカではインフルエンザの死者が1万人を超えていると言います。

実際に薬局では今日みたいにマスクを買うのに30分待ち、しかも買えるかどうかは運次第。

そんな状況なのに寄付をしてしまったらますます日本人の分がなくなるのではないでしょうか?

きちんと確保をしてから余った分を寄付するのはわかります。

しかし、今日のようにドラッグストアで販売されればそれも中国人が群がってたくさん買っていってしまう・・・

今日なんて見た感じ(会話などでわかります)2/3くらいは中国の方でしたよ。

日本もそうですが、まずは自国民に供給がされてから寄付しましょうよ。

備蓄っていうのはこうやって足りない時に使うもので、本当に必要な時に寄付するものではないのではないかなと思います。

 

今、週に1億枚は生産できるようになったから来週あたりから品薄にはならないと言っているそうですね。

でも、1億枚って国民一人に1枚ですよ。

まずは1日に何回も取り替えなければいけない医療機関に回るでしょう。

このように1箱60枚のマスクだとして、1670万箱。

それもまた店頭に並べば今日のように買われて本国に送られてしまいます、そしてそれくらいの数ではまた転売が行われるのではないでしょうか?

本来、マスクはほとんどが中国で生産されています。

中国のマスクは今日本に送れないようです、中国で生産されたマスクは中国で使われ(日本のメーカーのものも)、日本で生産されたマスクも中国に送られては・・・私たちはどうすればいいのですかね?

 

とりあえず、私は2ヶ月分くらいは確保できたので、自宅で使う用にもう1箱買えたらそれで十分かなって思っています。

ちなみに、不織布のマスクはエタノール(これもありませんが・・・)やキッチンブリーチなどで殺菌すれば何回かは使えるようですよ。

私も少し節約して使おうと思っています。


— Archives