自己防衛

 

世田谷区 上北沢の鍼灸院 Five Elementsです。

 

最近、コロナウィルス関連のことばかりを書いていて、あまり書くと気が滅入るので控えようと思っていたのですが・・・

ちょっと昨日だけで事態がかなり変わりましたね。

気になったことは三つ。

 

①検疫官の感染

ダイヤモンドプリンセス号内で検温やアンケート票の回収などを行っていた検疫官のかたが感染されたそうです。

実は、私は検疫官の方達が船内に入る様子を見てものすごい違和感を感じていました。

武漢の病院やアメリカの検疫官は防護服をフル装備で着ていましたが、船内に入っていく人たちはマスクと手袋だけ・・・

大丈夫なの?と。

そして、その心配は見事に的中してしまいました。

何より驚いたのは、厚生労働大臣の言葉・・・

 

「防護服は必要ありません、マスク・手袋着用という通常の対応です、ルールですから」

 

もうポカーーーーーーーーーーーーンとしてしまいました。

飛沫感染という感染経路の時点でゴーグルは必須だと思います。

そもそも、だったらどうしてアメリカや中国の医療機関で新型コロナ対応の人たちは防護服を着ているのでしょうか?

不要なのにあんなに動きづらい服装をするはずがないじゃないですか。

こういう「もしも」のために対策をするのであって、直す薬がない病気に大して感染してから対策しようとしている時点でちょっと厚生労働大臣としての素質は皆無なのではないかと思ってしまいます。

というより、自分は感染しないからどうでもいいのでしょうか・・・

 

②東京のタクシー運転手の方とその義母の感染

昨日、東京でタクシー運転手をしている方の感染と、その義母の方が感染で亡くなられるという痛ましいニュースがありました。

日本国内での初めての死亡ということで衝撃を受けた方も多いのではないでしょうか?

この運転手の方はお客さんで海外の方を乗せたことがない上に空港にも行っていないと言います。

つまり、とっくに感染は広がっているんですよね。

怖いのはこの方がタクシー運転手でいろんな方を乗客として乗せているということではないんです。

そもそも空港にも行っていない、海外の方も乗せていない(多分、会計時に英語やそのほかの言葉を話した人がいなかったのでしょう)のにもかかわらず感染しているということです。

 

③医師の感染

和歌山で50代の医師が感染。

この方も中国への渡航歴もないし中国籍の方の診察をしていないと言っています。

つまり、診察した方たち誰一人にも感染していないということは・・・考えられませんよね?

 

この3つから出てくるのは、とっくに日本中にウイルスは蒔かれているという事です。

インターネットを見ていると様々な情報が見えます。

本人たちと話をした訳ではないので確かなことではないのですが、その話は予想できたものでした。

 

・肺炎症状が出ていてもコロナウィルスの検査はしてもらえない

・重篤な状態になっていてもコロナウィルスの検査はしてもらえない

・明らかに薬が効かず、中国の医師たちの主張する「コロナウィルス症状」に一致していても武漢滞在していない、武漢の人と濃厚接触していないからコロナウィルスの検査はしてもらえない

 

というもの。

空港で働いている職員でさえ検査してもらえないらしいです。

つまり、とっくに医療現場には新型コロナウィルス症状の患者がたくさん来ているんです。

現場の医師は保健所にいくら新型コロナ濃厚だと主張しても確定検査はしてもらえないんです。

なので、医師も「新型コロナじゃないと思います」と言って帰ってもらうしかないのでしょう。

検疫官の方と同じです、どんなに現場の医師が検査を主張しても、医学知識のない保健所職員が「ルールだから検査をしません」と言っているんです。

もちろんこれには理由があり、「感染者数を増やしたくない」という裏の意図がもう見えてしまっていますよね。

新型コロナウイルスが検出されなければ感染者数は増えません。

これは【検査をしても検出されていない】のではなく【検査をしないから検出もされない】のです。

 

それでもいまだに街中の人たちや私の友人も「感染者20人くらいなんでしょ?」と言います。

身内でも「医者に行ったら新型コロナじゃないと言われた」と言って咳き込んでいても医者を信じきっています。

元々、大方の予想では先週末あたりから一気に感染者が見え始めるだろうと言われていました。

つまり、感染者はたくさんいたし症状もたくさんあったんです。

そして、今週。

一気に感染者などの報道がされた。

どうして帰国便の方達が帰宅した瞬間に封を切ったように報道されているのでしょうか?

違和感しかありません。

 

いまだに中国からは毎日のように来日しています。

先日も新幹線に乗ったら中国人だらけだったという話を聞きました。

新幹線の密着度はダイヤモンドプリンセスどころの話じゃないですよね。

3700人の船内でパンデミックが起こっている、怖いねなんて行っていますが・・・

毎日3700人どころじゃない訪日客がいるのですから、街中ではそれよりも沢山の感染者で溢れかえっている可能性もあるんですよ・・・

だってウイルスは目に見えませんからね。

 

私は繁華街には出かけず、電車も混んでいる時間には乗らないということ。

うがい手洗い、マスクはきちんと着用するということくらいしかできません。

幸い、ここは私一人の治療院なので大勢の人たちの中にいる訳ではありません。

来院してくださる方のためにも、最大限自分の身を守っておかないと患者さんの対応はできないのではないかなと考えています。

不安を煽るようなコラムになってしまいましたが、とにかくテレビの情報を信じ切らずに対策をしたほうがいいですね。


— Archives