10万円到着!

 

世田谷区 上北沢の鍼灸院 Five Elementsです。

 

先日申請していました10万円特別給付金、先日早速入金されていました。

マイナンバーカードだとこんなに早いんだ!と思っていたのですが・・・

全国的にもものすごく早い方みたいですね。

東京都の中では足立区と江戸川区のみ。

不思議に思うのは、他の区の人たちってあらかじめ準備していなかったのかなということです。

決まってからオンラインの整備を始めるっていうことは、驚くほどスピード感に欠けるわけじゃないですか・・・

そして、オンライン申請で住民票とかと照合しているのかと思ったら、なんと全て手作業で確認しているみたいで郵送より確認項目が多いとか・・・

噂によるともらえるまで8月くらいまでかかるなんていう噂もあります。

つまり、1番遅い人と1番早い人が3ヶ月くらい違うっていうことですよね?

みなさんマイナンバーカードを求めて役所で列になっているらしいのですが、実際に申請した方から言わせてもらうとオンライン申請はハードルが高いと思います。

 

①マイナンバーカードを読み取れるICカードリーダーを持っている(二種類くらいしかないらしいです)

②7以降のiPhone

③マイナンバーカードを読み取れるAndroidスマートフォン

 

まずはこれのどれかを所持していなくてはいけません。

この時点で意外とハードルが高く、窓口に殺到している高齢者の方は持っていない気がします。

しかし、ここは子供や孫のスマートフォンでも大丈夫なので、自分のものでなくても大丈夫なんです。

 

さらに、実はマイナンバーカードって暗証番号が4つくらいあって、そのうちの一つは設定しなくても発行されているんです。

つまり、暗証番号を忘れたのではなく、「そもそも設定していない」可能性があるんです。

うーーーーーーーーーん、なんかモヤモヤ。

私はiPhoneで申請しましたが、この申請もまずは「マイナポータル」というアプリをダウンロードするんですが、このアプリとSafariを行ったり来たりするんです。

この切り替えは自動で行われるわけではなく「手動」で行わなくてはいけないため、正直な話相当分かりにくいです。

現時点で51万人ほどがオンライン申請をしているらしいのですが、【51万/1億3000万】なんですよ、少ない(笑)

しかも、51万人の中でも記入ミスが多くてものすごく手間がかかっているらしいです。

私が危ないって思ったのは、「申請する家族の名前を入力する」んです。

世帯主の名前が書いてあるから自動で家族分が申請できるのではなく、入力しなくてはいけないんです。

手紙の場合は名前がらかじめ書いてあって、【不要な人はチェックする】らしいのですが、オンラインの場合は【記入しないと不要となる】と言う真逆の仕様みたいです。

混乱しますよね・・・・・・・・

 

オンライン申請だからIT化されていてパパッと支給されるのかと思いきや・・・

ちょっと前に話題になった「見た目は自販機だけど中身は手動」と言うほっこり話題と同じなんです。

こっちの話題は全然ほっこりしませんよね。。。。。。

日本ってこんなに後進国なの?と思ってしまいました。

 

ちなみに、10万円は一瞬で仕事の費用に溶けます。


— Archives