選挙権の痛感

 

世田谷区 上北沢の鍼灸院 Five Elementsです。

 

普段、あまり政権に不満はあれど選挙に関してあれこれ思わない方なのですが、今回はもう本当にちょっとイライラを通り越して憤りを覚えてしまっています。

実は、普段から私は違う政党に投票をしていたのですが、これはその塔を支持していると言うよりも暴走する与党を止める党が必要だなと言う思いから投票していることが多かったのです。

 

投票というのは実はとても大事なものなのですよね。

自分たちで自分たちの代表を決める。

私が子供の頃から、選挙というのは自民党に入れるということがお約束になっていました。

支持政党がある家庭は違うのでしょうが、うちの家族はみんな自民党自民党と言っていました。

私は、真面目に投票に行くようになったのは30代くらいからで、その時から実はほとんど自民党には投票していませんでした。

なんかこう、当たり前に当選することにあぐらをかいているというか、そんな気がしていたからなんですね。

もちろん人それぞれの考えがありますから、自民党の制作がいいと思う方はそれでいいんだと思うんです。

しかし、「とりあえず自民党」と言って入れていた方も多いのではないでしょうか?

特に今の団塊の世代以前の方々・・・

政策も見ずに選挙になれば自民党、ただ、今のようにインターネットで政策が見れる時代ではなかったので、マスコミの言うことをそのまま信じ、街頭演説をそのまま信じていたのでしょう。

その結果が今回のコロナ騒動の自民党対応だったのだと思います。

 

私自身は消費税の頃からふつふつと溜まっていくものがありました。

明らかに景気が悪くなったと言うのもありますが、消費税の必要性自体が嘘だったと言うこともあります。

5%→8%にあげた時の3%分って全然社会福祉につかってないじゃん、約束では3%全部使うんじゃなかったの?

8%にあげることができれば、福祉に使わなくてもバレない、法人税下げて庶民から巻きあげればいいと言う見え見えの感じにちょっと頭にきていました。

そこを何も説明しない、隠したまま更に10%?????と。

政治って全てが自分の理想通りにことは運びません。

外交でやっとはっきり言うようになったので消費税は仕方がないのかなとも思いました、しかし想像以上に増税は景気をガタ落ちさせました。。。

 

そしてコロナです。

何が頭にくるかと言われると嘘を吐き続けて騙そうとしていることです。

108兆円の経済規模と言って実際は20兆円程度だったとか、マスクは466億もかけていまだに出回っていないのに「阿部のマスクの効果があったから市場にマスクが出回った」とかわかり切った嘘を言ってみたりとか、1番法律を守らなくてはいけない人物が賭博していたのにおとがめ無しとか・・・

もうやっていることがジャイアニズムそのものなんですよ。

 

選挙権って昔の人が必死に勝ち取ったものなんですよね。

日本人はそう言う歴史的なものに鈍いと言うか、興味がない人が多いと思います。

もちろん私もそんなに興味がある方ではありません。

しかし、こう言う半分戦争のような世の中になって初めていろんなものが浮き彫りになるんだと思います。

最近は画面で顔を見るだけでも画面を閉じてしまうようになりました。

これが他国だったらとっくにデモや暴動が起きている気がします。

性善説好きである日本人をうまく操作して、こうやってずっと居座っていたんだろうなとわかってしまった気がします。

次の選挙、きっとたくさんの人たちが参加するでしょう、参加すればするほど実は自民党って有利なんですよね(ほとんどが利権による固定票だと言う噂があります)。

日本には自民党以外に信用できる政党がないからなんて言われます、東日本大震災の後の民主党政権を「悪夢の民主党政権」なんて言う自民党議員もいます。

しかし、今まで「きちんと政治をしてきたと思っていた」自民党は、メッキが剥がれまくってしまいました。

初めは不慣れかもしれない、でも、新しい政治家を選ぶことも大事なんじゃないかなと考えさせられてしまいます。

 

ちょっと、次は本気でまかせたい政治家さんを選ぼうと決めました。


— Archives