はじめての鍼灸【鍼について】

世田谷区 上北沢の鍼灸院 Five Elementsです。

 

このコラムは、はじめて鍼灸治療をする方に詳しく説明しているものです。

少しじっくりと書いてあるので、お時間があるときにでもご一読いただければと思います。

また、はじめてでない方も「こういうものなんだ」と思ってもらえればいいなと思います。

 

鍼灸と言う言葉を聞いた時に、皆様が真っ先に思い浮かべるのは注射の痛さのようです。
注射は痛いですし、鍼灸師の私も注射は大嫌いです。
しかし、鍼灸師の使う鍼は注射針とは全く違うものであり、痛さも全く違います。
今までマッサージしか受けてこなかった、鍼はしたことがないという方もたくさん通われています。
しかし、今まで鍼が痛くてやめたいという方はほとんどいませんでした。
もちろん中には敏感な方もいらっしゃるので、そういう方には鍼を使わない場合もあります。
お灸だけを使う場合もありますし、鍼もお灸も使わない場合もあります。
しかし、鍼やお灸を使った方が効果は数段上です。
それは、マッサージでは筋肉に直接触れることができませんが、鍼を使用すると直接鍼を当てることができるからです。
「体の芯から疲労が抜けた気がする」「本当に痒いところに手が届いている感じがする」と言うお言葉をよくいただきます。
初めての方に「鍼ってどういう感じですか?」と聞かれると、奥にズーンと響く感じと答えます。
私たちもその感覚を響きと言います。
この響きの正体は深部痛覚です。お腹が痛くなるとお腹がズーンとしますよね?もちろん腹痛ほどの痛みはありませんが、あの感覚のごく軽い感じが鍼を刺したところに感じます。
鍼には即効効果と遅効効果があります。鍼治療をした直後にすぐ実感できる方もいれば、その時はあまり感じないが、翌日朝起きたら前日と全く違ったと言う効果もあります。
鍼は怖いものではありません。痛いものでもありません。見た目が痛そうだから痛いと思ってしまっているのではないでしょうか。
ただ、その効果はとても大きく、オリンピックを始めとするスポーツ業界では当たり前のように使われています。プロ野球やJリーグには必ずと言っていいほど鍼灸師がいます。
一流のアイススケートの選手が鍼治療をしたり、シール状の置き鍼と言われる鍼をつけたまま競技をしているのは有名な話です。
鍼治療は今世界各地に広がっています。抗がん剤の副作用による痛み、悪心嘔吐などを緩和するためにも鍼灸治療は一役買っています。
治療以外にも、美容鍼として、美容の分野でも活躍し始めています。
鍼は痛いものという固定観念を少し取り除いて、是非一度お試しください。

使用している鍼は国内で最高品質のセイリン社の鍼のみを使用しています。
鍼灸院で使用する鍼はディスポ鍼(使い捨て鍼)が主流で、一度の治療で全て破棄します。
一本一本きちんと滅菌処理をされており、感染の心配なく使用できるのが特徴です。
しかし、滅菌処理だけであればどのメーカーもしっかりと行われているのですが、すべての製造を国内で行い製造工程で付着する機械油の洗浄を完全に行っているのはセイリン社だけです。
最近、食品衛生問題が表面化していますが、鍼にも同じような問題があり鍼灸師でさえも付着している機械油に気づいている人はあまりいません。
セイリン社の鍼は高品質な分、仕入れ値が他社の2〜3倍近くするためにすべての鍼をセイリン社で統一している鍼灸院はあまりありません。
しかし、体内に入れるものですし、そこに機械油が付着しているということはあまり楽観的にできるものではなく鍼灸師側がきちんと選ばなくてはいけない問題だと思っています。
当院ではセイリン社の中でも一番いい鍼を使用し、衛生的で痛みの感じづらい鍼を使用しています。
鍼が違うからと言ってはっきりと実感はしづらいかもしれませんが、実は色々とこだわりがあるのです。
からだにつかうものだから、ほんとうに安全なものを。
それが当院の鍼のこだわりです。

セイリン株式会社

使用している鍼メーカー、セイリン社のホームページはこちら


— Archives