コロナウイルスにおいて衛生とマスク着用のお知らせ -追記あり-

ここ最近、新型肺炎コロナウィルスについての警戒心が高まっております。

当院ではスチール製のパレット(鍼置き)を使用しておりますが、毎回塩素消毒を行なっております。

 

また、枕に敷くフェイスタオルは毎回交換、枕は毎回殺菌スプレーなどで消毒をし、ベッドタオルやシーツは患者さん毎に交換いたします。

体にかけるタオルは毎回は変更できない場合があるので、アルコールスプレーで対応する場合があります。

シーツなどは本来毎回交換する枚数の在庫がないために、通常は二枚重ねで敷いているタオルやシーツを重ねないで使用する場合があります。

多少肌触りに違いはあると思いますが、今回は衛生面を優先させていただいております。

 

また、私自身も現在は肺炎症状(咳やくしゃみ、発熱など)はありませんが、今回のコロナウィルスは無症状の潜伏期間(7-14日)があり、その期間も感染の可能性があるということで、施術中にはマスクをさせていただくように致します。

お見苦しい点があるとは思われますが、衛生上の理由なのでご了承いただければ幸いです。

また、マスクはその都度洗浄できるタイプを使用しております。


— Archives