緊急事態宣言を受けての営業について 〜 4月10日追記 〜

4月10日、東京都の自粛要請の内容において、緊急事態措置相談センター【03-5388-0567】に確認をしたところ、鍼灸院は医療付帯業務のために自粛対象ではないという回答がありました。

したがって、当院は感染に倒する衛生を対策した上で営業という形になります。

(とはいえ、やれる予防消毒は今までやってきているので、4月10日に追加でやることはありません)

ご来院される場合には手洗いマスクなどの対応をしっかりと行いご来院いただくようお願い申し上げます。

 

4月7日発令されました緊急事態宣言による当院の営業についてなのですが、保健所や都庁に確認をしたところ、まだ東京都では該当店舗がきちんと決められていないという話でした。

国の該当店舗と都の該当店舗が異なるために4月9日までに発表し、11日から実行予定との事です。

なお、当院は国家資格を保持している準医療機関の為に自粛対象になるかどうかもわからない状態です。

また、一言に鍼灸院と言ってもベッドが多数あり、待合室やベッドで他の患者さんとすれ違ったりすぐ横に寝ている様な所と、当院のような完全入れ替え個室対応で他の患者さんと接触をしないような店舗では対応が違うかもしれないと言っていました。

とりあえずは今まで通り、キッチリと消毒や感染予防を行いながら営業し、様子を見て対応を決めたいと思っています。

https://5elements-shinkyu.com/columns/columns-3214/

当院はこんな理由で三密ではないですよと言うコラムです、なんとなく想像できたらいいなと思い書きました。


— Archives